グループウェアを導入してオフィスワークを効率化

グループウェアはコンピュータソフトウェアの一種ですが、個人ではあまり利用することがないものです。


このソフトウェアが威力を発揮するのは、企業のオフィスなど、多くの人が同じ情報を共有する必要がある場所です。グループウェアは、企業内LANやイントラネットなどを活用して、一つのフロアにあるオフィスだけではなく、一つのビル全体でも、更にはオフィスが日本とアメリカに分かれている場合でも、同じ情報を共有し、業務を勧めることができます。

効率がいいコトバンク情報を楽しくお得に利用しましょう。

グループウェアの持つ機能の一番の特徴は、社内で必要とされる情報を一元管理できることです。
サーバーなどの一元管理した情報は、社員がパソコンなどの端末を使って簡単にアクセスすることができます。

また、社員の役職や資格によって、アクセスできる情報を制限することも可能です。


社内の情報を一元管理できるため、それぞれの部署で情報を管理する場合に比べると、圧倒的にコストを抑えることができますし、常に最新の情報に更新しておくことも容易ですから、部署によって情報が古かったり、誤った情報を見ていると言ったことも避けられるので、オフィスワークを効率化することができます。



また、殆どのグループウェアには、メール機能が装備されていますので、同じ社内でメールを用いて情報をやり取りすることもできますし、一般的なメールソフトと同じように、社外に向けたメールを発信することもできます。

また、外部宛のメール誤発信を防ぐために、一旦メールを保留して、宛先を確認してから発信するといった機能もあります。



メール機能があるために、社内や社外とのコミュニケーションも効率化することができます。