ネクタイの選び方について

main-img

ネクタイには様々な色や種類がありますが、ジャケットやシャツに合わせて選ぶと良いでしょう。ネクタイの素材には光沢のあるものやマットなものなどがありますが、ジャケットなども様々な素材が使用されているため両方を揃えると統一感が出てまとまります。

ネクタイ情報を選ぶ時のポイントを紹介いたします。

冬物の厚手生地に光沢のあるネクタイを合わせると浮いてしまったり、起毛素材のネクタイに光沢のあるジャケットを合わせると違和感が出るので素材にも注意すると良いでしょう。
結び方で見せ方が変わり、シングルノットとダブルノットがあり結び目の幅が変わるのでシャツの襟に合わせて変えると良いでしょう。


長さが長すぎる場合はダブルノットで縮める事も出来るので活用すると良いでしょう。
また、ネクタイの幅もサイズがありジャケットの下襟に合わせ選びます。



下襟が幅広の場合は太いものを、狭い下襟の場合は細いものを選ぶとバランスが良く見えます。
色や柄もかなりの種類があるのでシャツとジャケットとのバランスで決めましょう。チェックやストライプなど3点とも柄のあるものを選ぶとおかしくなるので、柄物は1点か2点にするとまとまりやすいでしょう。



ジャケットやシャツを無地にしてポイントで柄物を入れると簡単ですが、シャツを細いストライプにして合わせてストライプにすると柄がぶつかる事なくあわせられます。

また色は適度に濃淡をつけると引き締まって見えます。

2色か3色にするとまとまりやすいので、あまり色を入れすぎない方が組み合わせしやすいでしょう。

人に言いたいネクタイ

subpage01

ネクタイとは、首の周りに巻く布のことで、主に男性の洋装とされています。起源は諸説ありますが、ルイ13世を守るためにフランスを訪れたクロアチアの兵士たちが、安全と無事を願って家族から贈られたスカーフを首元に巻いていたのが始まりなのではないかと言われています。...

more

ネクタイの情報分析

subpage02

ネクタイといえば、会社員にとって必要不可欠なファッションアイテムです。日常的に使うものであるため、たくさん常備している男性は多いです。...

more

ネクタイの対策方法

subpage03

ネクタイを結んでいる人を見かけるのが難しくなっていますが、これは省エネが国レベルで叫ばれてからのことです。ワイシャツの一番上のボタンを留めて、ネクタイを着用すると、身体が熱くなるので、エアコンなどで部屋の空気を冷ますことになり、エネルギーを余計に使ってしまうことになるので、それをなくすために、ノーネクタイ、ワイシャツの第一ボタンは外してよいということにしようというわけです。...

more

読めば解るネクタイ

subpage04

オフィスファッションやパーティーファッションでも、ジャケットやシャツ、そしてネクタイの3つの要素の組み合わせが重要です。それぞれを単独でも見るとおしゃれでも、トータルでコーディネートした時にちぐはぐだと、せっかくのファッションアイテムが台無しになってしまいます。...

more