グループウェア導入を阻む壁を乗り越えるには

グループウェアとは企業内で情報を共有するためのITシステムのことで、現在では従業員1000人以上の大企業のほとんどがこのシステムを導入しています。その結果、それまで伝達の遅滞によって滞っていた業務が、情報を常に全員で共有することで飛躍的に効率を上げることができたのです。


しかしその一方で、従業員100人未満の中小企業は大企業に比べてグループウェアの導入には消極的です。

その原因として考えられるものはいくつかあります。



まず第1に、大企業と違って従業員の数が少ないのだから情報は口頭で伝えれば十分だという思い込みです。

第2に、果たしてコストに見合う成果が得られるのかいう不安があります。



そして第3に、IT化に慣れていないがゆえに導入しても使いこなせないだろうという後ろ向きの姿勢です。

しかし、いまやグループウェアによる仕事の効率化は社会全体の流れであり、これを拒むことは企業として時代に取り残されることを意味します。

NAVERまとめに有効なサイトの紹介です。

それを回避するには上記の壁を乗り越えていかなければなりません。

そのために必要なことは他企業の実例を調べ上げ、導入することの効果を明確にすることです。

中小企業でもグループウェアを導入し、結果どういった成果があったかを具体例を挙げて説明をすれば、経営者も導入に踏み切りやすいでしょう。

その際、自社ではどのくらいのランニングコストでどの程度の利益が生まれるかをしっかり想定することが大切です。

あとは、導入後に宝の持ち腐れにならないよう、その扱い方に関して従業員ひとりひとりに十分な指導を行っていけば、必ずや会社の発展の大きな原動力になることでしょう。